「カミカゼ☆エクスプローラー!」総評

Clochette」より、2011年5月27日に発売した、萌えゲーアワード2011大賞部門銀賞受賞作品『カミカゼ☆エクスプローラー!』の総評です。
【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!

原画&キャラクターデザイン御敷仁
シナリオ姫ノ木あく / 冬雀 / J・さいろー


◇ルート数:5
◇総回想数:22
◇攻略順(自分の):風花→まなみ→美汐→琴羽→宇佐美先輩

◇面白さ(個人的な):風花=宇佐美先輩>>まなみ>>琴羽>>>美汐


―――――――――――――――――――――――――――
(一言感想 ※リンクは専用感想ページに吹き飛びます)

姫川風花:シナリオとエロのバランスがかなり良い。面白いしエロい。
速瀬まなみ:キャラ的に1番輝いてるキャラ。話はまぁまぁだけどエロいし可愛いからOK。
祐天寺美汐:期待してたのに……ゆかり教育じゃなければ話にならないレベル。
沖原琴羽:おっぱい。イチャイチャの比重が大きい。あとおっぱい。
宇佐美沙織みる!!みる!!!!みる!!!!!!みる!!!!!!!!みる!!!!!!!!!!
―――――――――――――――――――――――――――
(総評)
【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!
1.面白いしエロい
2.おっぱい特化
3.絵が良い

結果が萌えゲーアワード2011大賞部門銀賞受賞ですよ。
やってみて思いましたが、支持されないわけがない。

『面白いしエロい』コレ大事。
もしカミカゼの全年齢版が出たら怒るかな。

いわゆる「キャラゲー・萌えゲー」の類ですが、エロが濃いです。

・形だけエロい事やってまーーす。
・数クリックで終わりまーす。
・とりあえず喘いでるだけで尺伸ばしまーす。
・エロの構図もシチュエーションもありきたりでーす。

以上を全否定。

エロゲ的エロを結構ガッツリやってます。
尺もそこそこ長め~。
エロの構図が良い。
というか絵が良い。
おっぱい。

んーーーー、良いですよ。

シナリオは、
軽快でテンポよく、区切られてるので話の切り替えも分かりやすくてGOOD。
話は自体はまぁまぁ。でも決して面白くないわけじゃないです。
唯、展開~というか、話の方向が1つしかないので、ダレる気もする。というか実際に3人目でかなりダレました。
その辺りはちょこっと残念。
ですが、ラストの2人がイチャイチャ特化の琴羽、変態宇佐美先輩とちょいと方向性の違う2人だったので盛り返しました。話の落とし方は全員だいたい一緒(メティスセカンド)なんですけどね。


あと目立って良いのは
『立ち絵が会話中にドンドン切り替わる』
コレが地味に良いです。
今では他のエロゲの立ち絵が物足りなく感じるほど。

【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!

さて、
萌えゲーで個人的に1番嫌いなのが、「√入ると、攻略対象以外のヒロインの出番がほぼなくなってしまう」という作品がとにかく嫌いです。
ですが、カミカゼエクスプローラーはメインヒロイン達全員が優秀な脇役としても活躍してくれる作品です。その点はかなり満足です。

3人以上のキャラ同士の掛け合いというのも今作の魅力だと思いますよ。

まなみとか脇役としての方が輝いてる気がしますし。
風花は脇に行くと存在感薄くなるかな~と思えば、結構良いキャラしてましたし。
確かに√入ってしまうと2人の世界にはなるんですけど、しっかり『澄之江学園』で起こる話として、皆が活躍するので良かったです。

そして、今作で忘れてはいけない、いや、決して切り離せない関係にあるのが『おっぱい』ですね。
「面白くてエロい」に+して、『おっぱい』です。

『おっぱい』への意識がかなり強調されてます。
別名「おっぱい☆エクスプローラー」なだけはあります。

大事な大事な今作の『個性』です。
勝利から大勝利への壁を超える為に絶対必要だった個性ですね。良いっす!!

あとはもう原画家さん力。
綺麗で可愛い、立ち絵の良い表情、エロの構図。
おっぱいももちろん良いんですが、個人的には下半身(主にふともも)が良かったです。

どこから見ても高水準なエロゲー、「カミカゼ☆エクスプローラー!」
これは買う価値あります。
初心者も中級者も……もしかすると上級者も楽しめる変化球のようで実はド直球な良い作品でした。面白ったです。


とりあえず、これは夏編のFD出すべきじゃないかと……

そして、にゃお先輩。
どうか…………にゃお先輩攻略させてくれ。
【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック