「World Wide Love! 世界征服彼女ファンディスク」感想 ~花之宮 良子~

Navel」より、2011年10月28日発売の『World Wide Love! 世界征服彼女ファンディスク』の「花之宮 良子」ENDの感想です。

「きゃぅ!」
「でもだーりんに会えたからあげぽよ!」
「頭がおかしくなってしまわれたのですか!?」
Navel『World Wide Love! 世界征服彼女ファンディスク』を応援しています!
花之宮 良子 CV:逢うみ
誕生日:3月3日 血液型:O型 身長:152cm 体重:43kg 3サイズ:74/54/78
亜子の妹。神宮女学院付属3年。おっとりとした喋り方をする、世間の汚れを知らない美少女。周りからは花や蝶よと愛されて育っており、亜子もかなり弱い。実は頑固で、一度決めたことは曲げない性格でもある。家のしきたりで異性に肌を見られたときは、剃髪して尼になることにも躊躇がないほど。亜子と同様、一般庶民との感覚にずれがあり、世間知らずなところもあるが、亜子ほど頑ななところはなく、英語なども普通に受け入れている。成績は全科目優秀で、模試では偏差値70以上を連発している。
亜子から色々と、そして美化された状態を聞かされたため、征人のことを「私の在五中将様」と憧れている
『電撃G's magazine』上でデザインが募集され、2010年7月号に採用案が掲載された。
ファンディスク『World Wide Love!』では攻略ヒロインに昇格する。征人に一目惚れ状態で、征人の言う事には忠実。尼になることを避けるため、具晴の提案で婚約者になった事を喜んでいる。

wikipedia引用(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%BE%81%E6%9C%8D%E5%BD%BC%E5%A5%B3)

回想シーン数[2 / 1(このこの)]
プレイ時間[約3時間30分(このこのEND立ち寄り含む)]

キャラクターデザイン・原画 [西又葵]
企画・シナリオ [東ノ助]
音楽 [アッチョリケ]

―――――――――――――――――――――――――――
(花之宮 良子ルート)
 
夢子が世界征服をやめた後の1月。宿泊に誘われた亜子の実家で、征人は亜子の妹・良子の着替えを偶然見てしまう。花之宮家の仕来りで尼になることを決意した良子であったが、見られた男が実は憧れの征人であったことを知る。さらに父・具晴の提案で征人の婚約者となり大喜び。良子を尼にしたくはなかった征人はその婚約を受けいれる。亜子が住んでいたマンションに住み始めた良子は、すぐに帰るだろうという周囲の思惑とは裏腹に、どんどん征人のことを好きになっていく。

wikipedia引用(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%BE%81%E6%9C%8D%E5%BD%BC%E5%A5%B3)
―――――――――――――――――――――――――――
本編やった方は分かると思いますが、中盤までは
亜子「よ、良子? あなたは一体何を言っているのですか?」
というそんな気分。本編と一緒で「花之宮家」から謎のポジティブ解釈をされつづけて……・という展開。

しかし、この良子様ルートではその理想像とのギャップに苦しむ展開がまってます。(良子様ではなく、征人が)

そういうのをネタとして流したり、なーなーにせずに、しっかりと2人で理解し合う展開なので、かなり満足ありますし、凄く2人が理解し合えたと思えるストーリーになってます。

ぶっちゃけ、かなり面白いです。
本編の他ヒロインルート同等の満足度は確実だと思います。個人的には上位に食い込む面白さ。

話は分岐地点までは本編が早送りでスタートして、クリスマスあたりから本格的に開始します。
今回も、本編同様に後半で「夢子」との関係が一つ問題になりますが、この良子様ルートだけ「ゴー君」が登場しない展開です。良子様が頑張ります。

残念ながら「夢子」はやんわり退場しちゃいますが、今回のラスボスはこのこのことアルメンドラこと「杉村近衛さん。
といっても戦うわけでなく、メルさんから「諦めてください」という直談判……

で。そこで待っているのが!!!!

このこのEND!!!!!!!!!

そこでエロエロも1シーンあります。
エピローグは結構面白いです。完全なるこのこの依存症患者です。征人君ダメ人間の中のダメ人間、ダメンズすぎて素晴らしい。

いやぁ……「世界征服彼女」本編ってホント面白い。
―――――――――――――――――――――――――――

「良子のことですか? 失礼ながら家格や能力的な部分を考えれば征人さんでは力不足でしょう。  ですが、征人さんには海軍大将になるという大きな夢があるではありませんか」
「ねえよ」


シリアスシーンでも笑いを取る亜子様に感動した。

「バッキー」と「なこちー」はサブの位置にいるほうが面白いな。

「スーパー伝統芸能タイム」
「スーパーロンリータイム」


そんな、なこちーの出番はこれだけだったような気がするけど。


それと、ここまでのアフターシナリオでは1度も登場しておらず、凄く久しぶりに登場した「夢子」。
輪っかの可愛さときたら……久々だったからか知らないけど、凄くイイキャラだと再認識。これは輪っかアフターに期待。

そういえば、竹野先生が登場してないけど……FDでは登場しないのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック