「DEARDROPS」感想 ~芳谷 律穂~

終盤の爽快感とラストの後味の良さは最高に良かった。


これがラストの「DEARDROPS」、このシナリオに全てが込められてるらしい「芳谷 律穂」ルート、その実態は…

本当に全てが込められてた。


その他のシナリオはなんだったんだ、どんだけ出し惜しみしてたんだよ!てくらいにCG・歌を使っての今作品の本来のストーリーという感じ。

バンド「DEARDROPS」としてのストーリー、そして主人公のストーリーの完結、「権田 英嗣」のストーリーの完結。と
、このルートに全て叩きこんでます。


このシナリオが100%の評価だとしたら、これまでのシナリオは50%以下かもしれない。

------------------------------------------------------

終わりよければなんとやら、という言葉がありますけど、本当にそんな気分。

個人的にですが、中盤、権田さんストーリーくらいまでのチマチマした話にはウンザリした。
このライターさんはネットの評価がそんなに嫌いなのか?と思ってしまう

その辺りまでは正直これまで同様のレベルの小さい話だったんですけど、権田ストーリーが一旦の完結を見せて、話が主人公中心になってからの展開は凄く良かった。


最後のフェスに向けての展開、主人公の動向、そしてリハーサル
この辺りの下準備は見てて面白かったですし、すごくワクワクする展開でした。

そしてライブシーンには非常に力が入っているのが伝わる。
挿入歌もライブに合わせた仕様になっていたり、ライブ感は「キラ☆キラ」以上に伝わりました。


で、ラストシーンですが…

この爽快感が凄く好きです。この後味の良さは最近自分がやった中にはなかった
ラストの主人公のCGの表情とか凄く好きです

凄くスカッとしました。
そんな気分になったもんで中盤までの妙にシビアな話は忘れ去ってました。

最後の挿入歌であり、ED曲でもある「Noisyスイートホーム」はゲーム開始前から好きな曲だったので、最高の締め方でした。

ホント、終わりよければって気分。


律穂シナリオというよりもメインストーリーという感じでしたね。
他のルートみたいに、あからさまにそのヒロインを優遇しました!て感じがなく、あくまでそれまでのストーリーの続きとして見る事ができる話でした


これ見てしまったら…なんだかホントに他のルートが酷く思えてきた


ただ、相変わらず要所で「律穂」さんが超恰好つけた台詞を言いまくってるのは変わりません。ちょっとそれ言い過ぎだろ、てのもチラホラ。

物怖じしない、威勢の良い性格。ていうのはとても良かったですが…どうも大事なシーンで胡散臭いまさに「台詞」って感じの言葉を並べられるのが…ちょっと…


他にこのシナリオで良かったと思ったのは「りむ」

個人的に1番好きなキャラなんですが、やっぱり「りむ」みたいな性格のキャラは他ルートで自由にやってるのが1番魅力的。

今回のシナリオ以外ではメイン以外は蚊帳の外、っていうのが多かったんであまり皆での描写がなかったんですが、今回は皆でいる場面も、しっかりしていたので、このキャラが光ってみえた。

こういうキャラは恋人になると魅力半減だよなー。などとしみじみ思った(もちろんルートが無いとヤダけど)


電話シーンとか超可愛い



他には…
これは全ルート共通かもしれないけど、「ちか」ちゃんがスーパー小学生すぎる

弥生ルートではホームページ作って情報収集したり、かなでルートでは大事な場面で「お店のことなら私にまかせて」とか言うし、今回は大阪で皆の保護者だし

でもなんだか「いやいや、それはないだろー」とは言えない謎の説得力が最高に良かった。可愛かった(俺はロリコンじゃない!)

今作で1番良いキャラでした。

車の中のダンボールに入ってたとこにちゃんとCGがあったのは…グッジョブ!

------------------------------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック